豊匠の着物ができるまで

着物が完成するまでには、たくさんの時間と惜しみない手間ひま、そして何より職人の熟練された技が欠かせません。
豊匠では、お客様に高い品質の着物をお届けするために、新しいデザインや技法を取り入れながらも、
連綿と受け継がれる京都呉服ならではの一流の伝統技法を守り続けています。

完成品のイメージ作り

完成品のイメージ作り

着物に使いたいモチーフや全体の構図を考えます。

図案依頼

図案依頼

イメージをもとに図柄のデザインを専門家に依頼します。

型彫り依頼

型彫り依頼

図案家が起こした下絵をもとに型を彫る職人さんに
作業を依頼します。

生地選定

生地選定

数ある生地の中から商品のイメージに
合ったものを選びます。

色合わせ

色合わせ

配色を決めたあと、実際に色を作って行く作業。
途中の工程で色が変わるため、完成をイメージして
色を作るという熟練の技術が必要です。

型友禅加工

型友禅加工

型紙と写し糊を用いて染めていきます。

蒸し・水洗い加工

蒸し・水洗い加工

色を入れるごとに生地を蒸し、染料を定着させます。
その後生地に残った余分な染料を流水で
洗い流すという作業を繰り返します。

仕上げ加工.1

仕上げ加工.1

乾かした生地の目を揃えしわやたるみを伸ばします。
最後に金や銀の彩りを添える金彩加工や
刺繍を施し反物が完成。

仕上げ加工.2

仕上げ加工.2

仕上がった反物を寸法に合わせて縫製します。
(手縫い・ミシン縫い等)

最終確認

最終確認

仕立て後に検針、仕立て具合等を最終確認し
アイロンで着物に押しをします。

完成

完成

纏う人の身体にぴったりと沿う美しい着物となります。

コンテンツカテゴリー
  • 豊匠のおもい
  • 豊匠の着物ができるまで